• TOP
  • 一般情報
  • 技術ノート
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 関西オゾン技術研究会
新着情報
  • オゾン技術ライブラリー
  • 一般情報
  • 技術ノート
  • Q&A
日本オゾン協会 日本オゾン協会
技術ノートNo.48をアップしました。

ホウレンソウ、レタスとイチゴを低温、高湿度の状態で、0.05ppmと0.5ppmのオゾンを1週間暴露して、一般細菌数と外観を比較した実験結果を紹介した。表面の一般細菌数は低濃度のオゾンでも低下し、イチゴのカビ防止も確認された。ただし、すり潰した試料では菌数低下は認められず、イチゴが変色する傾向が認められ、葉の一部が黒く変色した。

 

 

Copyright c 2012 Kansai Research Group of Ozone Technology All rights reserved.